格安SIM

格安SIMの活用例!


格安SIMを知っていても実際にどのように活用すればよいかをイメージできていない場合もあるでしょう。

安くなるだけでしょ?って思っているかた!損していますよ。

格安SIMには工夫すれば使い道がたくさんあるんです。

格安SIMカード活用事例

格安SIMは、大手キャリアと比較して安価にかつ気軽に契約できます。

音声通話のできないデータ専用SIM カードであれば契約の期限に制約がないので自分のタイミングで解約できますし、月額500円程度のプランから始められますので自分の使い方にあったプランを見つけるまで試すことができます。

活用方法の提案

2台持ち

格安SIMカードなら安価に2台持ちを実現できます。

大手キャリアの契約はそのままにして格安SIMカードや格安スマホを増やすことが可能になります。

2台持ちの例

  • ガラケーとSIM フリースマホの2台持ち
  • ガラケーとSIMフリータブレットの2台持ち
  • ガラケーとLTE 対応PC の2台持ち
  • ガラケーとモバイルルーターの2台持ち
  • スマホとタブレットの2台持ち
  • スマホとLTE対応PCの2台持ち
  • スマホとモバイルルーターの2台持ち
  • AndroidとiPhoneの2台持ち
  • 夫婦で1台ずつ

などなどいろんな可能性が考えられます。

ワクワクしますね。

3台持ち

格安SIMカードなら複数のSIMカードを1つの契約でできるので、3台持ちだって可能です。

しかもSIMカードの契約だけなら2000円ぐらいで見つかるでしょう。

3台持ちの例

  • ガラケー、SIMフリースマホ、SIMフリータブレット
  • ガラケー、SIMフリースマホ、SIMフリーモバイルルーター
  • ガラケー、SIMフリースマホ、LTE 対応PC
  • ガラケー、SIMフリータブレット、LTE 対応PC
    SIMフリースマホ、SIMフリータブレット、LTE対応PC
  • 夫婦と子供

複数SIMカードによる家族シェア

2台持ち、3台持ちをするメリットは、夫婦と子供用スマホを用意して家族でシェアをできることにもあります。

契約の容量による制約もありますが3枚契約や5枚契約が複数契約のなかでは多いのではないでしょうか。

LTE対応のPCは、ノートパソコンに格安SIMを専用スロットに挿入する事でノートパソコンだけでデータ通信が出来るようになります。
格安SIMには、色々な企業が市場に参入していますので、多くのプランからユーザーの用途に適したプランを選ぶ事が出来ます。

プランは主に容量別で提供されており、データ通信専用の他に、音声通話が可能であったり、SMSを送受信出来たりします。

複数のSIMを使ってシェアが出来るプランも存在していますので、このような格安SIMを使う事で端末毎に回線を使い分ける事が可能となり、モバイルコンピューティングにおける利便性の高さを確保する事が出来ます。

タブレットやLTE対応のPCやスマートフォンは、同じファイルの取り扱いが出来ますが、ディスプレイの大きさが異なりますので、使い分けをする事で、バッテリーの持続時間を確保し、快適なコンテンツ利用環境を構築する事が可能です。

モバイルルーターを一台用意しておきますと、Wi-Fi対応の機器との接続がしやすくなります。

LTE用SIM挿入スロットが無くても、モバイル回線を使ったインターネット接続が出来ますので、ネット回線の確保を行うには、モバイルルーターは重宝します。

子供用スマホは、フィルタリングを設定しておく事で、子供が安全にインターネットを利用出来る環境作りを行えます。

外出先でもネット利用が出来る環境を構築しておく事で、いつでも、オンラインサービスを活用する事ができ、自宅や会社で行なっている作業の続きを行う事が出来ます。

格安SIMを最大限に活用していく事で、ユーザーのデジタルライフが充実します。”