格安スマホを体験?

格安スマホでなやんだらとりあえず2年間使ってみよう!

格安スマホサービスの提供会社では、月々の利用料金が安いのがメリットとなっています。
しかし、料金が安いだけに格安の通信会社を利用するのは、迷う場合が出てきます。

格安の通信会社では通信速度が低速になったり、データ通信が制限されるといったデメリットが起こる場合があるからです。

とりあえず使ってみよう

しかし、格安スマホは悩んでいるよりも、取り敢えずは2年間使ってみるのも手となります。

データ通信専用の契約をすれば、一部の業者(例えば、DMMなど)を除いて基本的には解約料がかかりません。(事務手数料はかかります)

格安スマホではSIMカードだけが提供されるサービスを選ぶことができます。このSIMカードは今まで使っていた端末に差し替えることで、格安通信会社でも今までの端末が使える可能性が出てきます。

端末を流用できます

従来の端末を使うことができれば、毎月の利用料は通信会社の基本料だけですむことになってきます。通常の格安通信会社のサービスでは新たにスマートフォンを購入する場合には、毎月の基本料のほかに端末代が割賦販売として毎月掛かることが起こってきます。

しかし、端末を新たに購入する必要がないならば、毎月の利用料金は1000円程度に抑えることが可能となってきます。そのため、SIMカードだけの契約を行えば、2年間の契約であっても合計で2万4千円といった金額しか掛からないことになります。

したがって、料金の安さから格安スマホを、まずは2年間使ってみる判断ができると考えます。格安通信サービスを2年間使ってみて不便なところを多く感じた場合には、契約を解除することが可能です。

2台持ち

また、2年の待たずに他の通信会社のスマートフォンを契約して、2台持ちにする選択もできます。動画を見たり、大容量のデータをダウンロードする場合には普通の通信会社のスマートフォンを使い、メールやWEBを見るだけの時には格安スマホを使うようにします。

しかし、人によっては格安通信会社のSIMカードだけの契約をした場合でも、それ程は普段の利用で困らないケースも十分に起こってきます。

wifiも活用しよう

スマートフォンでネット動画を見る場合には、自宅のwifi回線を使うようにすれば良いからです。このように自宅のwifi回線を上手く用いることで、外出時は格安通信サービスでも問題なく使える可能性が出てくることが起こり得ます。

料金を抑えられます

格安通信サービスのSIMカードだけの契約ですめば、大手の通信キャリアの通信料金の7分の1ですんでしまうメリットが出てきます。こうした大きな通信料金の節約によって、日々の生活費に余裕が生まれることも期待できるようになります。